安いDTMデスクの中でおすすめランキングを作ってみた!

   

 

本格的なDTMデスクを買おうとすると、デザインやブランドなどの付加価値がついて「30万円~50万円」もします。

正直、机のために数十万円も出すのは勇気がいりますよね...?

 

そんな方のために、今回は約10分の1の値段で販売されているDTMデスクをおすすめ順に紹介していきます。

(ここでいう「安い」というのは「約4~7万円台」のことを指します。)

またページをスクロールしてもらえれば、予算を1~2万円以内で抑えたいという方向けに、おすすめDTMデスクを紹介しているのでチェックしてみてください。

 

それぞれの作曲スタイルに合ったDTMデスクを選ぶべき

「作曲をすべてソフト内で完結する方にとって、大きすぎるDTMデスクは必要ありませんよね?」

このようにDTMデスクを選ぶ上で大事なのは「自分の作曲スタイル」に合っているかどうかです。

マウスのみで打ち込みする方

ソフト音源を使用してマウスのみで打ち込みミックス、マスタリングもすべてソフトで完結する方は、スピーカーとPCを置けるだけのスペースがあれば十分です。

凝ったDTMデスクを購入するよりも、音源にお金を投資した方が賢いと思っています。

MIDIキーボードを使用する方

大前提としてMIDIキーボードを置けるだけのテーブル幅が必要になります。

また、PCキーボードと場所が競合してしまうため、サブテーブルが備わっているタイプのDTMデスクをおすすめします。

ハード機材をたくさん持っている方

持っている数によりますが、収納力のあるDTMデスクに加えて、耐荷重が50kgほど必要です。

別途、収納ラックを購入してDTMデスクと並列させるのも良いかと思います。

 

1位: KWD-100 (Pro Style)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pro Style KWD-100 BK (Home Recording Table)
価格:39420円(税込、送料別) (2018/11/17時点)

 

楽天で購入

 

おすすめランキング第1位は、株式会社ミュージックランド「Pro Style」がプロデュースしている「KWD-100」です。

Pro Styleは、これまでも「KWS-16PLUS(生産終了)」などの人気機種を販売しており、10万円以下で購入できるDTMデスクとしては有名なブランドです。

 

価格は2018年11月現在で「39240円(税込)」と、DTM専門デスクとしてはリーズナブルでお求めやすくなっています。

 

おすすめポイント:収納性が高い

 

二段タイプの机になっているため、PCモニターとキーボードに使うスペースをそれぞれ分けることができます。

また、PCモニターの下には2つの空洞ができるため、「オーディオインターフェイス」や「ミキサー」「MIDIコントローラー」「ハードシンセ」「マイク」などを収納することができます。

わざわざデスク横に、ハード機材を収納するための「ラック」や「ボックス」を設ける必要がないのは、ものすごくありがたいですよね?

さらにメインテーブルの下には、MIDIキーボードを収納することができる「サブテーブル」が備わっており、61鍵のMIDIキーボードまでなら横の幅に収まります。

 

本来テーブルが1つだと、PCキーボードとMIDIキーボードが面積を奪い合ってしまい、2つの同時操作が難しくなります。

しかしサブテーブルの存在によって「ゆとりあるスペース」がうまれ、ごちゃごちゃした作業環境が一新するのです。

 

サブテーブルって手前に引き出せるの?

KWD-100の商品画像を見ると「これ...サブテーブル手前に引き出せるの?」と心配になる方はいらっしゃると思います。

サブテーブルにMIDIキーボードを置くと、引き出しの中で演奏しなければいけないように見えますよね?

しかし安心してください!サブテーブルは上記画像のようにスライドして手前に出すことができます。

なのでMIDIキーボードを演奏するときだけ、手前に引き、使わない時は奥にスライドしておくだけでOKです。

 

選べるカラーは2種類

  1. BLACKカラー
  2. WHITEカラー

Macユーザーの方は「WHITE」がオススメです。

理由はシルバーカラーのモニター、ホワイトのキーボードとマウスが白を基調としたDESKにマッチするからです。

 

またBLACKカラーのデスクに機材を載せると、落ち着きのある黒色が「大人っぽさ、おしゃれさ」を演出してくれます。

暖色の照明と非常にマッチして、部屋に入るたびに作曲のモチベーションが向上するので、どちらでもよいという方は黒を推奨します。

 

気を付けてほしい点

KWD-100の横幅はメインテーブルが122cm、サブテールが100cmです。

そのためMIDIキーボード88鍵(横幅130cm)を使用している方は、本体がテーブルに収まりきらないので注意が必要です。

 

体が当たってしまったときや、地震などの大きな揺れでモニターが床に落下することがあります。

そのため一番上にPCモニターを設置するレイアウトを考えている方は、固定器具などを使用することをオススメします。

 

2位:WS-01(Euro Style)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Euro Style WS-01 (WOOD) DTMテーブル 音楽スタジオデスク スタジオワークステーション
価格:54000円(税込、送料無料) (2018/11/17時点)

 

楽天で購入

 

おすすめランキング2位に挙げるのはEuro Styleブランドの「WS-01」になります。

1位の「KWD-100」に比べるとおよそ1万5000円ほど値段が上がりますが、メインテーブルの面積が広いため、ハード機材が多い方でもゆとりのある作業環境が作れます。

 

また画像を見ていただくと分かる通り、机の足部分に「キャスター」がついています。

デスク上が重たいハード機材で埋め尽くされたとしても、模様替え時に移動するのがとても簡単です。

 

おすすめポイント:奥行きのあるテーブル

 

「PCモニター」や「スピーカー」を設置する二段目のテーブルに注目してください。

3本の支柱がメインテーブルの外側についているため、階段のようになっています。

斜めになっていることで、メインテーブルと二段目のテーブルが重ならないので、機材を置くスペースが一気に広くなりました。

 

また、KWD-100では難しかった「88鍵MIDIキーボードの設置」も少しはみ出すくらいでテーブルに載せることができます。

比較的物が溢れやすいDTMerにとって、WS-01は「余裕をもった作業スペースの確保」ができるのでおすすめポイントとして挙げさせてもらいました。

 

サブテーブルが短いのはなぜ?

メインテーブルに比べると、サブテーブルの横幅が短いことにお気づきになるかと思います。

私自身も「MIDIキーボードがはみ出ちゃうじゃん!」と思っていたのですが、実はこれ「PCキーボードトレイ」でした。

つまり、サブテーブルにPCのキーボードを置いて、メインテーブル上にMIDIキーボードを置くというわけです。

詳しくはMUSICHOUSEFRIENDS様がアップロードしている下記YouTube動画を参考にしてみてください。

 

3位:KWD-200(Pro Style)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pro Style KWD-200 (Home Recording Table)【11月入荷予定ご予約受付中】
価格:59940円(税込、送料別) (2018/11/17時点)

 

楽天で購入

 

おすすめ3位に挙げたのは、Pro StyleブランドのDTMデスク最新機種である「KWD-200」です。

KWD-100との明確な違いは「かっこいいデザイン」と「収納面積の拡大」です。

横幅が122cmだったKW-100に対して、KW-200は150cmまで長くなっており、奥行きも60cmから75cmまでアップしています。

購入前に注意しておきたい点

当たり前ですがデスクが広くなった分、部屋の中を奪われるスペースが大きくなるので注意が必要です。

また、KW-100と同じくMIDIキーボードを置くためのサブテーブルは、100cmのまま変わっていないため、61鍵キーボードまでしか収納できません。

PCモニターの配置場所が無いのでは?

 

左右の二段テーブルにモニターを設置すると「PCモニターの設置場所なくない?」と疑問に持つ方もいらっしゃるかと思います。

PCモニターの設置場所は二段テーブルの間にある「水色で囲った箇所」になります。

 

予算1~2万円以内で抑えたいという方

机に払うお金があったら「機材に投資したほうがマシ!」との意見もあります。

確かに4、5万円あれば優秀なソフト音源やハード機材が1つ手に入りますよね...

そんな方のために1~2万円以内で「収納性抜群」「MIDIキーボードが置ける」DTMデスクの代わりとなる机を紹介します。

 

棚付きL字型デスク(NoRZYショップ)

楽天ショップ「NoRZY」から販売されている「棚付きL字型デスク」はDTMデスクとしても十分に活用することができます。

 

棚が付属されているため、ミキサーコンプレッサーオーディオインターフェイスなどのハード機材、曲作りの参考となる本などを十分に収納することができます。

二段テーブル(フリーラック)は付いていますが、幅が狭いため、PCモニターを置くには不十分です。

またL字テーブルそれぞれの横の長さは156cm、146cmのため「88鍵キーボード」も載せることができます。

 

L字デスク「Sesse(セス)」

Sesse(セス)の値段は12940円と、前述したL字デスクと比較して約5000円近く値段が安くなっています。

縦横それぞれのテーブル幅は「120cm」「140cm」とやや狭くなっていますが、作業環境としては問題ないレベルです。

また、棚を左右好きなほうに動かすことができるので、作業しやすいよう自由にレイアウトを組み替えることも可能です。

 

ただ耐荷重はメインテーブルが30kgなので、ハード機材を積みすぎてしまうと、板が割れてしまう恐れがあります。

ご自分の曲作り環境に合わせて、商品の購入を検討すべきかと思います。

 

スポンサーリンク




 - 機材レビュー