王道進行のアレンジ5パターンを覚えて作曲の幅を広げよう!

      2018/11/21

 

作曲家の中で「3大進行」と呼ばれている中の1つに「王道進行」があります。(残り2つはカノン進行と小室進行)

王道進行という名称がつけられていますが、私たちの間では「4536進行」という名前で親しまれています。

今回は「ただの王道進行じゃつまらない!」「ありきたりの進行で飽きてしまった!」という方のためにアレンジ5パターンを用意しました。

 

スポンサーリンク




王道進行の基本の動き

アレンジパターンを紹介する前に、王道進行の基本パターンをおさらいしておきます。

STUDIO ONEというDAW(作曲ソフト)を用いて、MIDI打ち込み画面を用意していますので、初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

王道進行=4536進行「F⇒G⇒Em⇒Am」

4536進行というのは、コード名で表すと「F⇒G⇒Em⇒Am」、音階で表すと「ファ⇒ソ⇒ミ⇒ラ」です。

なぜ4536という数字が付けられているのかというと、音階の順番に由来しています。

1を「ド」とした場合に4はファ、5はソ、3はミ、6はラになります。とても単純な名称ですよね?笑

 

たった4つのコードを覚えるだけで進行が作れてしまい、汎用性も高いため、世界では「王道進行」の1つに数えられています。

ちなみに4536進行をループさせるだけで1つの曲を作れてしまいます。

 

4536進行をベースで打ち込んだ場合

 

ベースの場合は単音を鳴らすので、コードを構成している「基音」を打ち込んでいけばOKです。

上記画像にも書いた通り「F⇒G⇒Em⇒Am」なので「ファ・ソ・ミ・ラ」です。

実際にMP3音源を再生して、どのような進行になっているのか聞いてみてくださいね。

 

4536進行をピアノで打ち込んだ場合

次にピアノ音源を用いて「F⇒G⇒Em⇒Am」を打ち込んでみました。

ベースと違って和音なので「F(ファ・ラ・ド)、G(ソ・シ・レ)、Em(ミ・ソ・シ)、Am(ラ、ド・ミ)」です。構成音を間違えないでくださいね。

 

コード進行を聞くだけだと「悲しいような印象」、「Bメロに使われてそう」という感想を持つと思いますが、以外にもサビに多く使用されています。

王道進行のアレンジ5パターンをそれぞれ解説

王道進行をひたすらループさせるだけでは、盛り上がりのない平坦な曲になりがちです。

少しアレンジを加えたり、和音を追加するだけで全く違った曲に変化するので、マンネリ化している人は下記の5パターンを参考にしてください。

 

セブンスコードを用いた王道進行

FM7⇒G7⇒Em7⇒Am7

画像を見てお分かりになると思いますが、3つの和音から1つ音を付け足して、4和音「セブンスコード」にしています。

コード表記は「F⇒G⇒Em⇒Am」から「FM7⇒G7⇒Em7⇒Am7」になっています。

単純な4536進行に比べると、4和音なので曲の厚みも増しますし、哀愁の漂う大人っぽい印象を与えてくれますよね?

FM7⇒G7⇒Em7⇒Am

また、最後の「Am7」を「Am」に戻しただけのコード進行も載せてみました。

聞き比べて頂くと分かるのですが、Am7の一番高い音「ソ」が抜けることで、コード進行に安心感が生まれています。

2つを組み合わせた「FM7⇒G7⇒Em7⇒Am⇒FM7⇒G7⇒Em7⇒Am7」というコードは私のお気に入りでもあります。

 

ちなみに、なぜ「F7」じゃなくて「FM7」を使ってるの?という質問を頂きますが、これはコード構成音を見ていただければ分かります。

F7は「ファ・ラ・ド・ミ♭」FM7は「ファ・ラ・ド・」です。

ミ♭は短7度の音なので上記進行に加えると不協和音になってしまうのです。単純に元のコードに7を付ければいいというものではないので構成音をしっかり確認してからコード進行を作りましょう。

 

スポンサーリンク




4536をを2536に変更した王道進行

Dm7⇒G7⇒Em7⇒Am7

前述したセブンスコード進行「FM7⇒G7⇒Em7⇒Am7」のFM7(4)をDm7(2)に変更しただけの形です。

 

FからGに上がる幅よりも、DからGに上がる幅が大きいため、曲に高揚感をもたせることができます。

また、変更前と変更後の2つを組み合わせて「FM7⇒G7⇒Em7⇒Am7⇒Dm7⇒G7⇒Em7⇒Am7」というのも面白いですね。

 

3と6を入れ替えただけで大きく変わる王道進行

「F⇒G⇒Am⇒Em」

王道進行(4536)のEm(3)とAm(6)を変えただけのコード進行です。

F→G→Amと上昇し続ける進行を、最後にEmが受け止めて落ち着くため、コード進行の種類は「安心タイプ」と言われています。

90年代~2000年代のJ-POPで頻繁に見かけるコード進行ですね。

 

ちなみに4563+4536を組み合わせたコード進行で、ずっとループさせることもできます。

前述した2536進行やセブンスコードも組み合わせて「FM7→G→Am7→Em→Dm→G→Em7→Am」というようなアレンジもできます。

 

ナインスコードを取り入れた王道進行

FM9⇒G⇒Em9⇒Am

セブンスコードにさらに音を追加し、コード構成音を5つにします。

基音から9つ目の音を追加するので「ナインスコード」と呼ばれています。

 

MP3音源を再生していただければ分かる通り、おしゃれでジャジーなコード進行になっていますし、洋楽でもチラホラと見かけます。

ただの王道進行に飽きたという方は、ぜひ「FM9⇒G⇒Em9⇒Am」で曲作りの幅を広げてみてください。

 

なぜG9やAm9にしないの?という疑問がありますが、ナインス(9)コードを多用してしまうと、コード進行に抑揚がうまれずのっぺりとした印象になってしまいます。

 

分数コードを取り入れた王道進行

「F⇒G/F⇒Am/E⇒Em⇒F⇒G/E⇒Em⇒Am」

コード進行をアレンジする1つの方法として「分数コードを取り入れる」があります。

上記で言えば、Gコードを維持したまま、ベースなどの低音域がFを弾くことで絶妙なハモリを生み出しています。

かといって分数コードは何でもいいわけではありません。基本的にコード構成音や経過音の中で選ばなければ「不協和音」を作ってしまう原因になります。

  • G/F(ソ・シ・レ・ファ・ラ・ナインスコードまでの構成音)
  • Am/E(ラ・ド・)

 

以上が王道進行の5つのアレンジパターンの紹介ですが、いかがでしょうか?

作曲を始めたばかりの方はまず「F⇒G⇒Em⇒Am」を打ち込んでからメロディを作ってみるのもありですし、王道進行に飽きたという方は5つのパターンを駆使して作曲の幅を広げてみるのも良いです。

随時、王道進行のアレンジパターンを追加していくのでぜひ参考にしてくださいね。

 

4536進行を使用している名曲の例

  • スピッツの「ロビンソン」サビ部分「C⇒D/C⇒B7⇒Em

「ん?F⇒G⇒Em⇒Amじゃないよね?」と思われる方もいますが、これはコードGを基調としているのでGが1になります。

つまりGから4番目の「C」、5番目の「D」、3番目の「B」、6番目の「Em」で4536進行となります。

 

  • スキマスイッチの「全力少年」サビ部分「F⇒G/F⇒Em7⇒Am7」
  • 平井堅「瞳を閉じて」サビ部分「Fmaj7⇒G/F⇒Em7⇒Am7」
  • 宇多田ヒカル「Flavor Of Life」サビ部分「F⇒G⇒E⇒Am」

王道進行に引き続き3大進行の1つである「小室進行」についてもこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください⇒「小室進行のコード一覧とアレンジパターンを4つ解説!

 

スポンサーリンク




 - 初心者向け