【Dominoの使い方講座】作曲するための手順とコツを解説!

      2018/11/07

音楽を制作するフリーソフトで5本の指に入る「Domino」。

おそらくこの記事は「作曲を始めたいという初心者の方」が多く見ていらっしゃると思います。

「Dominoはmidiの打ち込みに優れている」「リバーブなどのエフェクトもついている」などと言われてもよくわからないですよね。

 

なので今回は基本的な用語を説明しつつ、初心者の方でもすぐ作曲できるようになるためのコツを解説していきます。

 

作曲を始める前に音が出ないという方はこちらの記事を先に見て解決してください⇒「Dominoをインストールしたけど音が出ない&途切れてしまうという方必見!」

スポンサーリンク




Dominoで作曲するための手順とコツ

Dominoをいざ起動したところで、一体どうやって曲を作るのかさっぱり分かりませんよね?

とりあえず適当にMIDIを打ち込んでみても、ただ乱雑に音が鳴っているだけで曲として成り立っていません。

  1. メロディーから打ち込んで、コード進行とリズムを組み立てていくパターン
  2. リズムをしっかり決めてからコード⇒メロディと打ち込んでいくパターン

初心者が入りやすいのは間違いなく「2」です。

拍子がずれることなく、不自然なコード進行にもなりませんので「挫折せずに初めての1曲が作れる」やり方です。

それでは具体的にDominoを使った作曲の手順を解説していきます。

1:曲の支柱となるドラムを打ち込んでいく

まずドラムを打ち込みやすいように上のメニューバーにある「16分音符」を「8分音符」に変更してください。

次にドラムの音を出すために、左上のメニューバー「Conducter」もしくは「A1piano」を「A10」に変更してください。

この状態で試しにMIDIをいじってみてください。おそらくドラムの音が出たはずです。

 

 

では実際にドラムを打ち込んでいくのですが、初心者の方は上記のMIDI楽譜を真似て打ち込んでみてください。(感覚を身につけるため)

再生してもらうとわかりますが、何の特徴もないただの「4ビート」で、分かりやすいように1小節ごとにオレンジ色で囲っています。

基本的に使用するのは「Bass Drum 1」「Acoustic Snare」「Pedal Hi-Hat」「Crash Symbal 2」の4つで、都度タム(Low Mid TomやHi Mid Tom)を入れたりします

EDMっぽくしたい場合はスネアを「Electoric Snare」に変更するのもよいです。

 

 

 

さっきの打ち込みではあまりにも味気ないドラムだったので、打ち込みのコツとして実際に多くの曲で使用されている基本ドラムパターンを紹介します。

スネアとハイハットはそのままですが、バスドラムの数が増えたり位置がずれたりしていることがお分かりになると思います。

1つの音源を少し変えるだけでこうも印象が変わるので曲作りの面白いところですよね♪

 

ドラムのMIDI打ち込みに関してはこちら記事で詳しく解説しているので参考にしてください。⇒「ドラムの打ち込みでビートのMIDIパターン作ってみた 【無料配布】

 

スポンサーリンク



2:コード進行を決めるためにベースを打ち込んでいく

ドラム音源のままなので音色をベースに変更します。

まずメニューバーのA10をA1(piano)に変更してください。(A1じゃなくてもA2でもA3でもお好きなので構いません)

下にある複雑なプログラム群に「PC:piano1」と書かれているものがあると思います。

上記画像を参考に「お好きなベース音」に変更してください。(私はFingered Bsにしました。)

*MIDIからWAVに変換する過程でベース音がおかしくなってしまいました。みなさんのベース音と違って聞こえるかと思われます。

 

ベースの打ち込みですが、分かりやすいように単音4分音符にしました。

初心者の方でコード進行とかよくわからないという方は一番わかりやすいカノン進行「C⇒G⇒Am⇒Em⇒F⇒C⇒F⇒C」を打ち込んでください。

そもそもCとかGとか分からない方は、上記画像を真似てください。

 

「ベースの打ち込みをもっと複雑にしたい!」という方は「DTMでベースの打ち込みに使えるコツをいくつか紹介!」の記事を参考にしてみてください。

 

3:ピアノの和音を打ち込んで音を厚くしていく

 

C(ド・ミ・ソ)⇒G(ソ・シ・レ)⇒Am(ラ・ド・ミ)⇒Em(ミ・ソ・シ)⇒F(ファ・ラ・ド)⇒C(ド・ミ・ソ)⇒F(ファ・ラ・ド)⇒C(ド・ミ・ソ)

ピアノの和音はベースで打ち込んだコード進行通りに打ち込みました。

ピアノは曲の中域を支える大事な音なので、和音を作るときはC3~C4の鍵盤の範囲内で打ち込むことをオススメします。

4:メロディを打ち込む際のコツ

 

 

初心者の方が違和感なくメロディを打ち込んでいくためのコツがあります。

それはコードの構成音をそのままメロディにしてしまうということです。

上のMIDI楽譜を見ていただければわかる通り、「ミ」「レ」「ドミ」「ソシ」「ラ」「ソミ」「ファラ」「ドシ」というメロディになっています。

赤枠で囲った「シ」を除いてすべて各コードの構成音でメロディが作られています。

「ミ」⇒Cの構成音「レ」⇒Gの構成音「ドミ」⇒Amの構成音「ソシ」⇒Emの構成音「ラ」⇒Fの構成音「ソミ」Cの構成音「ファラ」Fの構成音

赤枠の「シ」は次のCコードに繋げるためにわざと半音ずらした「経過音」というものなのですが、作曲始めたての方はまだ覚えなくても大丈夫です。

 

具体的なメロディの作り方はこちらの記事で紹介しているので時間のある方は参考にしてみてください。

⇒「10分で作曲できちゃうカノンコード

ストリングスやギターなどでさらに音を追加していく

今回は初心者の方向けに「ドラム」「ベース」「ピアノ(和音)」「メロディ」の順に曲を作り上げていく手順をご紹介しました。

ここからさらにブラッシュアップして、ストリングス(バイオリンやチェロなどの弦楽器)を加えたり、アコースティックギターの音色を追加したりと編曲を進めていきます。

ロック調の曲であるならば、ここからさらにエレキギターなどの音を追加していきます。

コードが分からない方は【コード表示補助機能】がオススメ!

Dominの素晴らしいサポート機能として「コード表示機能」があります。

私も作曲を始めたばかりのときはこちらの機能に大変お世話になりました。

いちいちコード表を調べなくても構成音がピアノロール上に表示されるのでメロディを作りやすいです。

まずメニューバーの右らへんに「玉ねぎっぽいアイコン」があると思います。

その右(赤枠で囲った部分)にある、ピアノ鍵盤のアイコンをクリックしてください。

すると上記のような画面が表示されるはずなので、「ピアノロールにスケールまたはコードを表示する」にチェックマークを入れてください。

そして「スケール(S)」から「コード(C)」に黒印を変更してください。

表示させたいコードを選択したらOKボタンを押してください。

 

私はCのコードを選択しました。

上記画像を見ていただければ、コード構成音「ド」「ミ」「ソ」のライン上に色が塗られていることがお分かりになるはずです。

初心者の方以外でもコード表示機能は常にONにしておいたほうが便利ですし、メロディを作る際のひらめきにも繋がりますので得でしかありません。

 

 


 

Dominoの音源はwindows内臓音源なのでどうしてもショボくなってしまいます。

正直アコギやエレキなどの音源は電子音すぎて、リアリティのかけらもありません。

Dominoはあくまでフリーソフトなので音源のクオリティを求めてはいけませんが、作曲を始めたばかりの方のステップアップとしてはかなり有効です。

スポンサーリンク




 - 作曲ソフトの使い方