【Cubase】ノーマライズ機能を使用して音を大きくする方法

      2016/05/12

girl-140569_640

今回は録音したギターやベース、ボーカルなど、

さらにはオーディオ化したMIDIデータの音を大きくする方法を解説します。

 

この音小さいな...→そうだコンプレッサーで音圧を上げよう 

やめましょう

 

 

こちらの音源はハイハットのMIDIをオーディオ化したものです。

聴いていただけると分かるのですが音が非常に小さいですよね?

ここで利用する機能がノーマライズです。では順にやり方を書いていきます!

 

1・大きくしたいオーディオを選択

 

no-maraizu1

 

2・メニューからオーディオ→機能→ノーマライズをクリック

 

するとこういう画面が表示されます。

no-maraizu2

最大レベルを【-1.00db】に設定して【処理を実行】をクリックします

 

3・音が大きくなる

no-maraizu3

 

これで音が適切な音量に調節されました!波形も大きくなってますよね??

ここまで約10秒の作業です。とても重要な作業なので覚えておいた方がいいです!

ハイハットだと差がわかりづらいかもしれませんが、

ハイハットはオーディオ化すると小さくなってしまいがちなので、

ノーマライズ機能を活用することをオススメします。

 

こちらのオーディオデータは【ドラム 打ち込み】 MIDIパターン作ってみた 【無料配布】】

の記事で作ったものです!よろしければ参考にどうぞ♪

まとめ

 

・オーディオの音量が小さい時にノーマライズ機能を使用すれば適切な音量に処理してくれる

・最大のレベルを-1.00dbまでにすることを忘れずに!!

 

 

私はCubaseのノーマライズ機能を知る前まで、フリーソフトのsound engineというものを使用していました。

 

オーディオ化したmidiデータをわざわざsound engineに読み込んで、ノーマライズを行いアウトプットしたものを再びCubaseに戻すという大変な作業をしてましたねw

 

 

今思うと、なぜもっと早く気づかなかったんだよ!!と思います。。。

(フリーソフトにもある機能なのにCubaseに無いわけがない...)

 

私がこの機能を使うときは、分解したドラムトラックのハイハットやタムなどの小さい音、またはボーカルをMIXするときですね。

特にボーカルは曲の華なので1番力を入れたいところ!

 

音量が小さいままコンプをかけて音圧をあげても聴きづらいMIXになるだけです。

音が大きくなりすぎてしまったときは、ボリュームのフェーダーで下げればいいのです。すごく簡単な作業ですよね?

 

まずはノーマライズ→EQ、コンプといった作業に入りましょう♪

 

 - 初心者向け