初心者DTMerにおすすめのオーディオインターフェイスを選ぶ!

      2016/05/13

続いてオーディオインターフェース編に入ります!

 

。。。とその前にタイトルの通り作曲に必要なものですが、

 

実のところPCとフリーソフト(reaper等)があれば作曲はできてしまいます。

また、PCを使わなくともマルチトラックレコーダー(MTR)に楽器を録音して編集するだけで完結してしまうのです。

 

しかし昨今、MTRだけで作曲をしている方というのは非常に少ないのが現実です。

それにDAWソフトを使いMIDIの打ち込みや便利なプラグイン、機能などを使えば、作曲の幅が1と100くらいの差くらい広がります。

 

DAWソフトを使用した曲作りには大きな可能性があるのです。

さて本題に入ります!!

 

スポンサーリンク




そもそもオーディオインタフェースって何?必要なの?

IMG_2226s

 

オーディオインターフェースとは何かをざっくりまとめてみました。

 

  • 楽器を録音するの際のノイズやレイテンシー(音の遅れ)を軽減

  • 高音質なのでMIXする際の音が分かりやすい(MIXしやすい)

 

オーディオインターフェースの役割をざっくり絞ってみるとこの2つですね。

 

まずノイズやレイテンシーの軽減ですが、PCから直接マイクに繋いで録音してしまうとノイズが酷く、せっかく上手く録れても曲のクオリティが落ちてしまいます。

 

 

またレイテンシー(音の遅れ)も酷く、しっかりリズムに乗せて録音したとしても、後で確認してみると「なんだこれ!?全然合ってないじゃないかー!」ということがあります。

MIDIの打ち込みだけで楽器を使わないよーって方にはこの話はほとんど問題ないのですが、ギター、ベース、ボーカル、キーボードなどの楽器録音を少しでもやる方は必ずと言っていいほど必要になります。

 

 

次にMIXしやすいという点についてお話します。

MIXという作業は曲の打ち込み、録音された音などを綺麗にまとめるための作業です。

作曲を始める方は、お手持ちのスピーカーやイヤホンなどを直接PCに挿して音を聞いてる方がほとんどかと思われます。

 

その状態でMIX作業に入ると、別の媒体(スマホ、ウォークマン等)から聴いたときに全然違うMIXに聞こえてしまうことがあるのです。

これはどういうことかと言いますと、イヤホンやスピーカーにはそれぞれの会社が重低音を売りにしたり、バランスよく聞こえる音質を売りにしています。

つまり、同じ曲なのに聞こえてくる音は全く違うように聞こえてしまうのです。

 

つまり、1000円のイヤホンで、重低音全く聞こえないからと言って低音のボリュームをあげてしまうと、重低音のイヤホンからするとびっくりするようなMIXになってしまうのです。

これは作曲ユーザーからすると、なるべく視聴する方どの媒体に対してもしっかり聞こえるように工夫するのがベストです。

 

オーディオインターフェイスの音質が助けとなる

オーディオインターフェイスの音質は今では24bit/192kHzが主流になっています。

音質が良いとMIXする際、細部の音までクリアに聞こえるので前文のような問題が起こりにくいです。

 

また耳障りな帯域などもすぐに分かるので正確にカットできます。

オーディオインターフェースを介してMIXした場合、他の媒体で聞いてもとても綺麗だと感じるのです。

つまり正しいMIX(バランスの良いMIX)が完成されます。

 

どんなオーディオインターフェイスを買えばいいのか?

現在発売されているオーディオインターフェイス(I/F)には、各会社からそれぞれたくさんの機種があります。

これから始める初心者がまず何を重視して買えばいいのかという点について確認したいと思います。

 

  • 最大24bit/192kHzの音質のものを選択する
  • +48Vファンタム電源を備えているかどうか
  • Hi-Z入力を備えているかどうか

 

以上の3つを気をつけていれば買ってからの失敗はまずないでしょう。

1つ目の「最大24bit/192kHzの音質のものを選択する」は先ほども説明したとおり高音質だからです。

音質が高ければ高いほど作曲作業に役に立ちます。

今現在、ほとんどの商品が24bit/192kHzだと思われますが念のためパッケージの記載を確認してみてください。

 

2つ目の「+48Vファンタム電源を備えているかどうか」という項目ですが主にコンデンサーマイクを使う方向けに注意してもらいたいのです。

コンデンサーマイクを使用する際、マイクを駆動する為に微弱な電流が必要になります。

そのための電源がファンタム電源なのです。

オーディオインターフェイスにこの電源が備わってないと別途で必要になり経費がかさみます。

それを防ぐためにもなるべくファンタム電源を備えているものを選びましょう

 

 

最後はHi-Z入力を備えているかどうかということです。

Hi-Z入力とはエレキギターやエレキベースを録音する際に重要な端子のことです。

エレキギター、ベースには電気信号が特別で録音する際にどうしても本質の音色が出せないという特徴があるのです。

これを防ぐために良質なオーディオインターフェイスにはHi-Z入力とよばれる規格を備えています。

 

エレキギターやベースを曲作りの際の鉄板にもなる重要な楽器かと思われます。

オーディオインターフェイスを選ぶ際はぜひ出し惜しみをして欲しくない部分ですね。

 

オーディオインターフェイスこれを買えば問題なし!

 

Roland QUAD-CAPTURE UA-55

PRIFS232

  • 24bit/192kHz対応
  • Hi-Z対応
  • +48Vファンタム電源:Input1に対応
主な仕様
オーディオ録音再生チャンネル数
・サンプリング周波数 96kHz、48kHz、44.1kHz:録音=4チャンネル、再生=4チャンネル
・サンプリング周波数 192kHz:録音= 2チャンネル、再生= 2チャンネル
信号処理:PCインターフェース=24ビット、AD/DAコンバーター=24ビット、内部処理=40ビット
サンプリング周波数:AD/DAコンバーター(192kHz、96kHz、48kHz、44.1kHz)、DIGITAL(IN/OUT)(96kHz、48kHz、44.1kHz)
接続端子
・INPUT 1~2【XLRタイプ(バランス、ファンタム電源 : DC 48V)、TRS標準タイプ(バランス)* INPUT 1はハイ・インピーダンスに対応】/PHONES(ステレオ標準タイプ)/OUTPUT 1~2(TRS標準タイプ(バランス))/COAXIAL IN、COAXIAL OUT/MIDI端子(イン、アウト)/USB端子
電源:USB端子から取得
サイズ/重量:幅(W) 185 mm x奥行き(D) 134 mm x高さ(H) 44 mm、570 g
付属品:取扱説明書、Driver CD-ROM、USBケーブル、Ableton Live Lite シリアル番号カード、保証書、ローランド・ユーザー登録カード
以上参考:http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/165503/

 

個人的にオススメするNo.1のオーディオインターフェースです

私が住んでいる地域の某楽器店でも売り上げランキング1位だそうです。

仕様などは上記に書いてある通りなので感想だけ書かせていただきます。

 

この商品の素晴らしいところはやはり録音作業がすらすらとはかどるほどの音質、ノイズ、レイテンシーの軽減の良さですね。

皆さんが手を出せる金額のオーディオインターフェイスの中では群を抜いています。

やはり音質って重要ですよねということを再確認させてくれる商品ですね~!

またオーディオインターフェイスには付属DAWやマイクなどがついたお得なセットもありますのでオススメできますね。

 

 Steinberg UR22

Steinberg-UR22-Review

  • 24bit/192kHz対応
  • Hi-Z対応
  • +48Vファンタム電源:Input2に対応
 ■仕様

接続端子
・INPUT: MIC/LINE(コンボジャック)×2(Input 2のみHI-Z対応)、
・OUTPUT: LINE OUTPUT(1/4" TRSフォーン)×2
・MIDI IN/OUT端子
・PHONES OUT
・USB端子×1
同梱品:セットアップガイド、Cubase AIダウンロードインストラクション、TOOLS for UR22 CD-ROM、USBケーブル
サイズ・重量:158.6W × 45.4H × 158.3D mm・998g

 以上参考:http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/180411/

 

こちらは今、私がメインで使っているオーディオインターフェイスです。

会社名見ていただけると分かるんですがSteinbergですね。

こちらはCubaseユーザーですとインストール時に自動で簡単に読み取ってくれます。

音質も申し分ないですね。実際楽器を録音したのですがノイズもほとんどなく、かなりクリア音質ですね。

上記のUA55よりかは多少音質は落ちますが、これで十分なレベルの音質だと思います。

値段はかなりリーズナブルでお得なセットも出ているようです。

 

まとめ

 

オーディオインターフェイスは作曲、MIXする上で非常に重要なツールです。

これがあるかないかで本当に楽曲の質が変わります

特にギター、ベース、ボーカルなどの録音をする際には必需品となります。

以上が現状で自分がお伝えできる内容です。

もっといろんな情報を手に入れれば積極的に公開していこうと思います

 

スポンサーリンク




 - 初心者向け